スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。


 ※コメントにhttp//を含むもの、英字が80%以上のものをは書き込み規制しています。
 コメントをする際はhを抜き日本語を含めて投稿してください

お勧めの本紹介Part7 

今日は課外がありました。どうもひろぽんです。

ってか課外がない日のほうが少ないんだけどね。
今週は土曜日も課外があって最悪です↓↓↓

最近は、本気で忙しいです。土曜が休みってのがなくなりましたよ。
さて、今日の更新に移りたいと思います。



今日は、久しぶりに本を紹介したいと思います。
最近読んで面白いなーって思った本から紹介。

まず一冊目の本は「扉の外」という本です。
まずは画像載せます。
扉の外 扉の外
土橋 真二郎 (2007/02)
メディアワークス
この商品の詳細を見る

あっ!!今気づいたけど何気に二巻出てたよ!!知らなかったなぁ~。
まぁたしかに中途半端なとこで終わってたからおかしいな~って思ってたんだけどまさか続いていたとゎ・・・。

そういう本なのかと思っちゃったよ。最後は自分で想像するみたいな本ね。
でもあそこからどうやって続かせる気だろう。気になる・・・。
よしっ!!今度見かけたら買おー!!

・・・・またまたやってしまった。いつもこれだよ。なぜか話がそれまくる。読んでない人にはさっぱりだったね。
てなわけで上の画像からamazonへ飛んで買おう!!

そうするとなぜか俺の金になるわけで・・・よろしくお願いします!!
とかいって買うやつはいないと・・・まぁ分ってましたよ。



遅くなりましたが内容の紹介をします。

修学旅行に行くはずだった高校生・千葉紀之が目を覚ましたとき、そこは密室で、しかもクラス全員が同じ場所に閉じこめられていた。
 訳もわからず呆然とする一行の前に、“人工知能ソフィア” を名乗る存在が現れる。
 ソフィアに示される絶対の “ルール”。
 だが、紀之は瞬間的な嫌悪感から、ソフィアからの庇護と呪縛を拒否してしまう。
 紀之以外のクラスメイトは全員そのルールを受け入れ、ルールが支配する奇妙な日常がはじまった。
 孤立した紀之はやがてひとつの決心をするが……。



こんな感じに仕上がっております。てかなぜ偉そうに言ってる、おれ。
結構人間の本性というか、黒い部分が上手く描かれてて○ですね~。

所詮人間は極限状態に追い込まれるとこうなるものか、っていうのがよく分ります。

ただ一つ、注意点があります。

この本を読むときは、学校のような場所では読まないこと。かなりテンションが下がります。そしてネガティブオーラ発し始めます。
僕の場合は1時間ほどで回復しましたが恐るべき魔力です。皆さんも注意してくださいね。

つか長くなりすぎたんでもう一冊は別個に紹介します。
次の更新は1時間以内の更新を目指して頑張ります。




ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。


 ※コメントにhttp//を含むもの、英字が80%以上のものをは書き込み規制しています。
 コメントをする際はhを抜き日本語を含めて投稿してください

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://s2424.blog85.fc2.com/tb.php/95-bb773857

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。