スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。


 ※コメントにhttp//を含むもの、英字が80%以上のものをは書き込み規制しています。
 コメントをする際はhを抜き日本語を含めて投稿してください

真面目な話。 

今日、あることがありました。

といっても誰かが殺されたとか、そんなことではありません。

春なのに夏と同じような雨が降り始りました。

そんなこと問題じゃない!!と思う人もいるでしょう。

ところが、これが大きな問題なのです。

普通の人は気にしないとは思いますが、この現象はここ5年間あまりの間に急速に起こったことなのです。

ぼくは言います。今、地球が危ない。

二酸化炭素の増加による地球温暖化が原因とされていますが、ほんとにそうなのでしょうか?

確かに多少の原因にはなってると思いますが、それだけでこの現象が起きるとはにわかに信じられません。

二酸化炭素の増加だけで地球規模の変化が起きるのでしょうか。

では、いったい何が起こっているというのでしょうか。

それは、誰にも分りません。でも、ぼくは正直不安です。

春なのに夏と同じような雨が降る。些細なことかもしれませんがそれは日本の、いや地球の環境が変わってきていることに他なりません。

日本の気候は温帯ですが、近年亜熱帯になりつつあると言えます。

それにより、地球が乾燥し、作物が育たなくなり、飢餓がおとづれ、人口が激減するかもしれません。

今まで生きてこれた生物は些細な変化で死に絶えます。そうして世界は破局に向かっていくのです・・・

ここ10年で温暖化は急速に進みました。日本でも京都議定書などで温暖化を食い止めようとしてるみたいですが、それは無理なことなのです。

電気の消費量が半端ないからです。いきなり減らせといわれても無理なものは無理です。

電気は、そのほとんどが火力発電により生み出されています。

ぼくとしては、もっと太陽の力を使うべきだと思うのです。

宝の持ち腐れだと思います。たしかに、その電力の供給量はその日の天気などにより安定しませんが、全家庭、ビルの屋上、学校などなど全てのところにソーラーパネル設置すれば、火力発電を半分以下にすることだって可能なのです。

法律でソーラーパネルの設置を義務付ける、なんてことをしたらいいんじゃないかと思います。まぁ、所詮無理な話ですが


いままで、ぼくが話したことは空想でも、絵空事でもありません。現実に起こりうることなのです。

どうすればいいか、なにが原因なのかをはっきりとさせる事が今の課題といえます。

そして、若い世代がそれを乗り越えるべきなのです。

ぼくとしては地球規模じゃなく、宇宙規模でなにか起きてるっていう線だと思うんだけどねー。

まぁほんとだったとしても公表はされずNASAが握りつぶすだろうけどね。



・・・・・とまぁかなり真面目というかぶっ飛んだ話をしてしまいました。

普段は、アホなことばかりしてますが、意外とできるんですよ。

これは、一応大学受験の勉強(のつもり)です。つき合ってくれた方、どうもありがとうございます。

これからも不定期更新ですが続けてくんでよろしくお願いします。




ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。


 ※コメントにhttp//を含むもの、英字が80%以上のものをは書き込み規制しています。
 コメントをする際はhを抜き日本語を含めて投稿してください

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://s2424.blog85.fc2.com/tb.php/85-fb3d02bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。