スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。


 ※コメントにhttp//を含むもの、英字が80%以上のものをは書き込み規制しています。
 コメントをする際はhを抜き日本語を含めて投稿してください

本紹介Part5 

いまツール置き場作りしてます、どうもひろぽんです。


つづいてが本題です。昨日はPSのことやったので今日は本でも紹介します。

クリス・クロス 混沌の魔王 

20070323122648.jpg


著者は高畑京一郎さんです。有名な作品ですね。第1回電撃ゲーム小説大賞受賞作です。

内容は

世界最大、世界最速の電子頭脳「ギガント」、この最新のコンピュータが、256人が擬似的に体験できるゲーム「ダンジョントライアル」として公開された。
この一般試写に集まる人々。しかしこの公開には、限りなくリアリティにこだわる天才学者が関わっていた。
彼が求める、リアルとは…。

僕はこの人の作品はかなり好きで、タイムリープ、ダブルキャストも読んでいます。僕は特にダブルキャストが好きなんですけど、この中で初めて読んだのがクリス・クロスです。

内容は上のとおりなんですけど、読んでるうちになにが真実でなにが偽りか分らなくなってきした。最後の場面では僕も騙されました。読んでない人にとってはさっぱりだろうけど・・・

まぁとにかく面白いっていうか奥が深い作品だと思います。ただ、最後にどうなったのか分らずじまいっていうのが、気になるところです。
ホント最後まで書いて欲しいです。気になる・・・

そこのところは自分で想像するしかないということかな・・・
まぁぜひ読んでみてください!!きっとおもしろいです。
ちなみにラジオ化、ドラマCD化もされてるらしいです。



つづいてダブルキャスト!!

20070323122641.jpg


・・・はい、すいません。同じ人のです。
これは結構最近読みました。上下巻構成なのでなかなかそろわなかったせいです。最終的にネットで買いましたけど。

内容いきます

川崎涼介は、廃墟となったビルの屋上から転落し、意識を失った。
見知らぬ家で目覚めた涼介は自宅へと向かう。
だがそこで目にしたのは、自分の葬式だった―。
浦和涼介は、帰宅途中に見知らぬ若者の転落事故に遭遇する。
惨事に直面し、気を失う涼介。不可解な記憶喪失の、それが始まりであった―。
川崎亜季は、まるで亡き兄のように振る舞う見知らぬ少年に困惑していた。
だが彼女は知る事になる、自分に迫る危機と、自分を護ろうとする"心"を―。


これは読んでみて一番面白かったです。話はよくある感じなんですけど、完成度がすごく高いと思いました。

ホントこの人の作品は展開が面白いです。この次はどうなるのか分らなくて息つく暇もないって言うの?そんな感じです。

よくわかんなかった人は読んでください。


これで終わります。

それでは。ノシ




ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。


 ※コメントにhttp//を含むもの、英字が80%以上のものをは書き込み規制しています。
 コメントをする際はhを抜き日本語を含めて投稿してください

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://s2424.blog85.fc2.com/tb.php/51-7ac39539

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。