スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。


 ※コメントにhttp//を含むもの、英字が80%以上のものをは書き込み規制しています。
 コメントをする際はhを抜き日本語を含めて投稿してください

snes9xのネット対戦のまとめをしてみた 

というわけで再設定がてら編集していきます。

まずは、ここ(うpろだ)から本体をダウンロードしてきてください。

設定とかは全て済んであるので説明は省きます。





準備すること

まず、下準備としてポート開放をしてみましょう。

”TCPの1996番”のポートを開放しましょう。
ポートの開放は各自行ってください。
わからない人はツールを使えば簡単にできるのでそちらを使いましょう。

んで、サーバーになる側と仔になる側を決めてください。まぁ適当でおk
性能が高いパソコンのほうがいいかな?どっちかというと


ネット対戦はサーバーになる側は自分のIPアドレスを調べる必要があります。
スタート→ファイル名を指定して実行→”winipcfg”を入力。
そうするとIPアドレスが表示されます。
または、ここの”確認君”で調べてきてください。

調べてきたら、そのIPアドレスを仔になる人に教えてあげましょう

これで下準備はおkです。






続いて対戦方法いくよ

なお、日本語化にしてあること前程で説明をしていきます。


1 サーバーの人はプレイするゲームをロードしてください。
2 ネットプレイのサーバーになるをクリックしてください。
3 これで、サーバーになりました。






次仔の説明

仔は”ネットプレイ”の”サーバーに接続”をクリックし、教えてもらったIPアドレスを入力し、”接続”をクリックしてください。
このとき、サーバーの人が”ネットプレイ”の”クライアントにロムイメージを送信”にチェックを入れている場合はゲームが仔に送られます。

チェックがない場合はゲームのロードを要求されます。
サーバー側が“リセットして同期を取得”にチェックを入れている場合、ずれの可能性が低くなります
なるべくチェックを入れときましょう。

もし、同期ずれを起こした場合、サーバーの人が”ネットプレイ”の”今すぐクライアントにロムイメージを送信”ってとこをクリックすれば解決できます。




kailleraを使ったやり方が一番確実ですが、あれはジョイパッドの設定のところがイカレています。
設定にはコツが必要だったり、過去のバージョンのものを適用する必要があるのですが、
それは別の方で紹介したいと思います。

なお、補足ですがエミュレータのパッドの設定は各自行ってください。
オプションの設定からromフォルダの設定を行ってください。


これで終わります。


snes9k(kailleraを使用した方法)についてはこちら



ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。


 ※コメントにhttp//を含むもの、英字が80%以上のものをは書き込み規制しています。
 コメントをする際はhを抜き日本語を含めて投稿してください

コメント

きいろよめない

申し訳ない。
気づき次第修正していきます。

TCPの1996番って何?
後、ツールって何のツール?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://s2424.blog85.fc2.com/tb.php/145-5ff097a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。