スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。


 ※コメントにhttp//を含むもの、英字が80%以上のものをは書き込み規制しています。
 コメントをする際はhを抜き日本語を含めて投稿してください

曲を自動で分割できるツール mp3DirectCut 

はいこんにちは。どうもお久しぶりです。
最近作業用BGMばかり聴いている僕です。
といっても記事を書いたのが数ヶ月前な訳ですが・・。
最近は配信ばかりしてますすいません。
ニコニコ動画の作業用BGMはたまにとんでもなくレアなものとかがあったりして結構重宝してます。
ですがある一定の部分だけ聴きたいとかばらばらに聴きたいとかの際だと多少面倒ですよね。
動画を落として特定の部分だけ切り出すとか、1曲1曲分割していくのは手間がかかるものです。
そこで今回はメドレー方式のものを自動で分割する方法について紹介したいと思います。


その前に・・・・
動画のダウンロードの方法について
この記事を見てもらえばわかると思います。

ニコニコ動画保存ツール Smile Downloader編

では本題に入ります。


mp3DirectCut

曲間(無音区間)を自動で検出して曲ごとにわけて分割することができるツールです。
アルバム1枚とか曲間がきちんと開いた動画の作成をしている際に有効です。
組曲とか曲間があまり開いていない動画の場合は切り分けがうまくいかないことがあります。
それでもある程度は自動で行ってくれるので漏れた部分のみ手動で修正という形を取ればいいでしょう。
設定で無音部分の時間設定なども行えるのでさらに精度を上げることも可能となっています。
また、切り出して保存する前のデータも再生して確認することができるので2度手間になることもありません。
以上の点から優れたソフトだと言ってよいでしょう。


ま、組曲は分割するべきものじゃないです。そのままが一番素晴らしい。
あくまでメドレーだとかアルバム対象のさいにご利用ください。
今まで分割を手動で行っていた人や方法がわからなかったという人は一度試してみるといいと思います。


さて、それではダウンロード先の紹介と使用方法の説明に移りたいと思います。
まずはじめにmp3DirectCutを以下のリンク先からダウンロードしてください。
現時点での最新バージョンは213のようです。
ダウンロードはこちらから

ダウンロードしたらmp3DC***.exeを実行してください。
インストール画面になるので画面にしたがってインストールを行ってください。
この際、エラーが起きる場合があるのでそのさいはインストール場所を変更すれば大丈夫です。windows7の64bitだからエラーが起きたのかもしれませんがインストール先をデスクトップに変更したら問題なく終了しました。

インストールが終了したらmp3DirectCutを実行してください。
初回起動時は設定画面が出ますが後でも設定が可能なのでCloseで終了しておkです。
OperationのLanguageで日本語にしておくと後々設定がしやすいので言語の変更を行っておくといいかもしれません。

WS000001.jpg


言語の変更を行うとプログラムが再起動します。

ファイルの開くから分割したい音源を選択してください。
ここでは自分の持っているCDをあえて分割せず吸い出したものを使用しました。
選択するとこのように波形で表示されます。
このツールでは自動分割のほかに音量の調整や補正などができますがここでは無音区間を検出して分割する方法についてのみ説明します。


まず特殊の無音区間の検出を選択してください。すると詳細設定画面が出ます。

direct3.jpg


基本的には初期設定で問題なく検出できますが不具合がある場合には調整してください。
検出が終わったらファイルタブのファイルの分割を選択してください。
保存したいフォルダ、ファイル名の設定をしたらOKを押してください。
分割された音源が指定したフォルダに保存されているはずです。

direct4.jpg


基本的にはこんな感じで自動分割ができます。
自動分割のほかにもcueシートでの分割ができたりゲイン調整ができたりと使える機能がありますがここでの説明は割愛します。
興味があるならインストール先のFAQやManualを見てもらえば詳しく載っているのでそちらを参考に。

分割後のファイルの編集についてはまたの機会に紹介したいと思います。

あ、最後になりましたが一応。
著作権には十分気をつけて良識の範囲内でご利用ください。
暗黙の了解ではありますが忠告ということで。


では、簡単ですが更新を終わりたいと思います。
次回はたぶん配信関連の記事になると思います。
最近配信ばっかりしていて申し訳ないですがブログのほうもこんな感じでちょいちょいと更新していこうと思いますのでよろしくお願いします。
ではでは。次の更新もお楽しみに!
スポンサーサイト



ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。


 ※コメントにhttp//を含むもの、英字が80%以上のものをは書き込み規制しています。
 コメントをする際はhを抜き日本語を含めて投稿してください

HDDの状態を詳しく! CrystalDiskinfo 

こんにちは。
今日もツールに関する記事です。
こんなに続けて書くのもめずらしいなぁ


CrystalDiskinfo


crystal1.jpg



HDDの現在の状態を詳しく検出できるツール。
前回紹介したJsMonitorProや、status flagのHDD特化版だと思ってくれていいです。

画像を見てもらえればわかると思いますが、健康状態、温度はもちろん
ファームウェア、シリアルナンバー、インターフェース、転送モード、バッファサイズ、
回転数、はては電源投入回数、総使用時間の表示が可能です。
やばい詳しい情報が見れますね。
しかも見た目わかりやすいのがいいですね。

ダウンロードはこちらから



使い方も上記ページに載っているのでそちらを参考に。
かなり詳細な使い方が載っています。
まぁ基本デフォルトの設定で問題はないかと思いますが。



てか前使ってたHDDやばいなぁ・・・。

crystal2.jpg


異常!の赤い警告が。
わからない用語もありますがいろいろ問題抱えてるな。
Window上でチェックディスクしたときは特に問題はなかったんですけどね・・・。
リードエラーってことは物理的にやばいんだろうなぁ。
一応清掃はしたんだけどバラしてみないとだめっぽいですね。
もちろんそんな知識は無いのでどうしようもないですけどw

もう一個のHDDはまだまだいけそうかな。
エラー自体はどうとでもなるものだったから。

全体的に温度高いのも不安です・・・
メーカー製PCだからこれはどうしようもないかー
スリム型買っちゃったのが間違いですね
自作したい・・・。



とまぁこんな感じで情報を得ることができます。
ツールを使わなければ絶対わからない情報なので興味がある人は入れてみるといいです。

ちなみにS.M.A.R.TのエラーについてはWikiを参照すると詳しい情報が得られます。



では、今日はこの辺でおわります。
次の更新もお楽しみに!



ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。


 ※コメントにhttp//を含むもの、英字が80%以上のものをは書き込み規制しています。
 コメントをする際はhを抜き日本語を含めて投稿してください

PCの情報を常に監視! 

さて、今日もツールの更新といきます。

Status Flag


status flag

PCのさまざまな情報をリアルタイムで取得し表示できるツール
基本17種類もの情報を自分に合わせて選んで表示できます。
グラフの色や文字の表示の変更などデザインを自由に変更できるのが特徴。
細かく設定できます。
さらに、プラグインの開発が進められていて使い手が自由に手を加えられるようになってるみたいです。


これひとつ入れておけば大抵は現在の状況が把握できると思います。
タスクマネージャーさんの上位互換版だと思えばいいかも。
あとインストールの必要がなくレジストリを汚す心配もないのでいいですね。

ダウンロードはこちらから


できること(こぴぺ)

・仮想メモリ使用容量
・物理メモリ使用容量
・CPU 使用率
・CPU クロック
・ネットワークの送受信速度
・実行されているプロセスの数
・Windows が起動してからの経過時間
・バッテリの残量・放電時の電力
・HDD の使用容量
・HDD の温度
・IME の有効 / 無効の状態
・システムの日付と時刻

自分で必要な情報を選択して表示できるのがいいですね。



もひとつ似たようなツールの紹介

J.S モニター PRO


JsMonitorPro.jpg



パソコンの様々なパフォーマンス情報を収集してを監視することができるツール。
常にCPU、メモリ、ネットワークの状況を見れるので入れておいて損はないと思います。
また、モニター情報の変更、表示の方法の変更といった細かい変更も可能なのが特徴です。

ダウンロードはこちらからどうぞ!
すらすらプログラマー(作者サイト)様より

使い方の説明はただ表示するツールなので
説明する必要はないかと思います。
詳細については作者様サイトを参考に。かなり詳しく載っています。
インストールについても作者様サイトに載っているのでそちらを参考にしてください。


どちらも似たようなことができるのでお好きなほうをどうぞ!


簡単ですが今日はこれまで。
次の更新もお楽しみに!



ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。


 ※コメントにhttp//を含むもの、英字が80%以上のものをは書き込み規制しています。
 コメントをする際はhを抜き日本語を含めて投稿してください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。